• HOME
  • セミナー 一覧
  • 遺伝子解析の新しい流れ デジタルPCR体験セミナー ~手に取るようにコピー数が分かる!を体験する~ 【無料/定員50名】2024年:6月28日(金)、7月17日(水)、9月30日(月)13:30~15:00

SEMINAR

遺伝子解析の新しい流れ デジタルPCR体験セミナー ~手に取るようにコピー数が分かる!を体験する~ 【無料/定員50名】2024年:6月28日(金)、7月17日(水)、9月30日(月)13:30~15:00

web

2024.05.15 (Wed)

セミナー内容

デジタルPCRは、ゲル電気泳動でバンドを定性的に確認するPCRやリアルタイム定量PCRに続く、新たな定量PCR技術です。

従来のPCRのように96ウェルプレートや8連チューブ等で反応する代わりに、多数の微細なウェルにテンプレートDNAを含む反応液を分配して反応を実施、それぞれのウェルにおける増幅の有無から定量をいたします。この増幅を陽性(ポジティブ)と陰性(ネガティブ)の1か0かで判断することが、デジタルPCRという名前の由来となっております。一般的にスタンダードサンプルを用いた検量線や、基準サンプルとの比較を必要とするリアルタイムPCRと異なり、何かの標準サンプルと比較をすることなく絶対定量値を算出できる点が最大の特長となる技術です。

デジタルPCRの主なアプリケーションとしては、病原菌やウイルス等の絶対定量、リアルタイムPCRで使用されるスタンダードサンプルの検証、ゲノムDNAにおける2倍以下の差を識別する必要があるCopy Number Variation (CNV)のタイピング等が行われています。また、混在している変異配列を検出する際には、従来法としてのキャピラリーシーケンサやリアルタイムPCRでは10-20%程度の存在比率が必要であった体細胞変異の検出にもデジタルPCRは威力を発揮します。物理的に区切られた微細なウェルに分配して反応するため、目的とする変異型配列を検出する際にサンプル中に多数存在する1塩基しか違いの無い野生型配列による非特異的反応の影響を軽減することが可能です。

本セミナーでは、デジタルPCRの原理とアプリケーションのご紹介に加え、当社のデジタルPCRシステムの利点などをご紹介いたします。デジタルPCRの可能性と手に取るように遺伝子のコピー数を知る方法を学んでみませんか?

(お申込みはこちら)
https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/technical-resources/seminars/dpcr-experience.html

こんな方におすすめ

セミナー内容

開催日時

2024年:6月28日(金)、7月17日(水)、9月30日(月)13:30~15:00

実施方法

オンライン形式によるライブ配信

開催日3営業日前 23時59分まで

プログラム

デジタルPCRの概要
デジタルPCRのアプリケーション
QuantStudio Absolute Q Digital PCR Systemのご紹介

参加費

無料

主催

サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社

視聴に関する注意事項

  • キャンセル時はセミナー開催日の1週間前までに「お問い合わせ先」までご連絡ください。

 

  • 参加者数が最低催行人数に満たない場合、そのコースを中止させていただくことがあります。なお中止の場合は、コース開始日の1週間前までにメールにてご連絡申し上げます(ご連絡がない場合は催行となります)。
  • 気象状況等によりコースの中止をご連絡することがございますので、あらかじめご了承ください。
  • オンラインセミナーにはMicrosoft Teams™ を使用します。通常のPCのみならず、アプリをインストールすることでスマートフォンやタブレットでご視聴いただけます。参加方法などについてはお申し込み後にご案内します。

その他注意事項

お問合せ
テクニカルサポート
Email : jptech@thermofisher.com
TEL : 0120-477-392 (平日9:00~17:30)

(お申込みはこちら)
https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/technical-resources/seminars/dpcr-experience.html

セミナー一覧に戻る